Q

撮影のタイミングは?

体調が悪い時、目の下にクマができるほど寝不足の時、疲れている時などは、どんなに一生懸命撮影しても良い写真にはなりません。

A

Q

良い表情で写るためには?

モデルさんでない方が、カメラの前でよい表情を出すのはとても大変なことです。鏡の前で、ご自分の好きなよい表情を作る練習をしてみましょう。これは、面接の時にも役立つでしょう。

A

Q

カラー写真か白黒写真、どちらがいい?

A

履歴書の場合、特に会社からの指定がなければどちらでも構わないと思います。

【白黒写真】シャープでスマートな感じになります。髪の毛の色が気になる方にもお勧めです。

【カラー写真】服装の色などでセンスをアピールできます。また、顔色や口元の色で健康的なイメージもアピールできます。

Q

証明写真の時のメイクは?

基本は『ナチュラルメイク』です。

【目元】

眉が細すぎるとキツく見えます。自然な太さにしたほうが印象が良くなります。

眉が途中で切れていたり、左右のバランスが悪かったり、あまり濃くならないように注意してください。

濃すぎるアイメークも、履歴書写真には不向きです。

 

【口元】

カラー写真の場合、口紅の色はあまり派手なものは避けましょう。白黒写真の場合は、少し濃い色のものがよいでしょう。

【髪の毛】

証明写真は背景が無地のため、髪の毛の乱れが目立ちます。ムースやジェルなどで、髪の毛のはねや飛び出しを整えてください。ヘアピンやカチューシャは、老けた印象になるので使わない方が良いでしょう。

また、前髪は眉毛にかからないほうが明るい印象になります。 

A

Q

証明写真の時の服装は?

A

基本は『シンプル・イズ・ベスト』です。

服装・襟・胸元はシンプルな方が良く、ネックレスやイヤリングはない方が無難です。

【白黒写真】

女性は紺のジャケットに白い襟のブラウス、男性は紺のジャケット、白のワイシャツにネクタイで撮影されますと、全体が引き締まり、よく見えます。逆に顔の色よりも薄い色のジャケットで撮影されますと、顔が黒く見え、また写真全体もぼやけて見えます。

 

【カラー写真】

基本的には白黒写真と同じように紺のジャケットに白い襟のブラウス・ワイシャツが無難ですが、業種によってはカラー写真の特性を生かして個性的でご自分に似合った色の服装で撮影される方もいらっしゃいます。

Q

修整とは?

A

ニキビ、キズ痕、目の下のクマ、シワなどの気になる部分は、当館で修整いたします。お気軽にご相談ください。

Q

その他、アドバイスはありますか?

写真撮影は、あなたとカメラマンの共同作業です。気になることや、撮ってほしいイメージなどがありましたら、カメラマンにご相談ください。

A